マンガとラノベ

マンガとラノベの感想を書く予定です。あとキャンペーンの情報や懸賞の当選結果なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Le;0―灰とリヴァイアサン


8月の新刊ですが先日読んだら面白かったので紹介です。
12月に2巻が発売予定です。
作者は『六塚光』さんで、イラストは「CH@R」さんです。



◆内容紹介
地殻変動によってバラバラの島々となり、リヴァイアサンと総称される大海獣に脅かされるようになった日本。リヴァイアサンに対抗できる存在は、ヴァンパイアと、サイクラーと呼ばれるそのパートナーのみ。そんな島々の一つ・大蒜島に流れ着き、島をリヴァイアサンから守ることになったヴァンパイアの姫乃とサイクラーの顕九郎。二人の活躍で島は平穏へと向かうかと思われたが、顕九郎の過去を知る存在がその魔手を伸ばしてきたことから、島へ最大の危機が訪れることに…。六塚光がおくる、渚で繰り広げられる一大アクション、開幕です。





人間の生活はヴァンパイアとリヴァイアサンとの危うい関係の上に成り立ってます。
ヴァンパイアはリヴァイアサンに対抗できる力があります。
しかし、弱点が多いために支配者ではなく人間と相互依存の関係にあります。
リヴァイアサンは海の支配者として人間を脅かす存在ですが、
人間の食料や道具にもなる重要な存在です。

物語はヴァンパイアとリヴァイアサンの戦いを軸にして
武力ではない人間同士の争いが絡んできます。


表紙買いしたんですが、面白かったです。
見所はヴァンパイアの存在ですね。リヴァイアサンとの戦いや人間との関係など。
あと水着姿で戦うヴァンパイアの姫乃もよかったです(水着姿は姫乃だけですが

登場人物についてはイラストも見れる一迅社文庫の編集部ブログでどうぞ
◆『一迅社文庫編集部のブログ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/14 01:24 ] ラノベ感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール

otogameheart

Author:otogameheart
レイアウトなど現在改良中。
マンガ・ラノベの感想はまだ少ないです。
後日ブログについてのページを作ります。

◆リンクフリーです。
相互リンクについてはコメントかメールでお願いします。
◆登録してます。

◆購入記録(更新止まってます)
メディアマーカー
◆連絡先

こちらからでも → 『メールフォーム

◆ソーシャルブックマーク

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip FC2 Technorati ニフティクリップ Flog 

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
バロメーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。